40福岡県

平成30年度九州防災・減災シンポジウムin遠賀川

開催日: 
2019-01-24
開催都道府県: 
開催場所: 
ユメニティのおがた大ホール(福岡県直方市)
概要: 
国土交通省では「施設では守り切れない大洪水は必ず発生するもの」へ意識を変革し、社会全体で洪水に備える「水防災意識社会」を再構築する取組を行っています。
 近年、全国各地で発生している豪雨災害の特徴や、遠賀川において平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で観測史上最高水位を観測したことなどを踏まえ、インフラの重要性や、
その効果を認識するとともに、ソフト対策により地域防災力を向上し、地域住民の的確な避難行動に繋げることをテーマにシンポジウムを開催いたします。

平成30年度九州防災・減災シンポジウムin遠賀川

開催日: 
2019-01-24
開催都道府県: 
開催場所: 
ユメニティのおがた大ホール(福岡県直方市)
概要: 
国土交通省では「施設では守り切れない大洪水は必ず発生するもの」へ意識を変革し、社会全体で洪水に備える「水防災意識社会」を再構築する取組を行っています。
 近年、全国各地で発生している豪雨災害の特徴や、遠賀川において平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で観測史上最高水位を観測したことなどを踏まえ、インフラの重要性や、
その効果を認識するとともに、ソフト対策により地域防災力を向上し、地域住民の的確な避難行動に繋げることをテーマにシンポジウムを開催いたします。

企画展「北九州を走った汽車電車 加地一雄、大塚孝60年の記録」

開催日: 
2018-12-062019-02-11
開催都道府県: 
開催場所: 
九州鉄道記念館 2階企画展示場(福岡県北九州市)
概要: 
九州鉄道記念館は企画展「北九州を走った汽車電車 加地一雄、大塚孝60年の記録」をタイトルとし、鉄道愛好家の加地氏、大塚氏 御二人のコレクションの中から厳選された、懐かしい汽車や電車の鉄道写真を展示いたします。

【西部】平成30年度土木学会西部支部技術発表会

開催日: 
2018-12-20
開催都道府県: 
開催場所: 
アクロス福岡(福岡市中央区天神1-1-1)
概要: 
新技術・新工法・新材料などに関する発表会

【西部】土木学会西部支部 現場見学会

開催日: 
2018-11-14
開催都道府県: 
開催場所: 
朝倉市、福岡市
概要: 
小石原川ダム建設工事(朝倉市)、福岡空港国際線エプロン増設工事(福岡市博多区)を見学します。募集定員は60名(一般)

【西部】土木学会西部支部 設立80周年 記念講習会

開催日: 
2018-11-21
開催都道府県: 
開催場所: 
ANAクラウンプラザホテル福岡
概要: 
土木学会西部支部設立80周年を記念して、講習会を開催します。
講習会テーマ「地域防災とインフラを支えて」

【西部】北九州ゆめみらいワーク2018~一緒に未来をつくろう~

開催日: 
2018-08-242018-08-25
開催都道府県: 
開催場所: 
西日本総合展示場 新館
概要: 
北九州市産業経済局が主催する高校生等を対象とした仕事体験イベントで、建設業の仕事内容(測量・設計・工事)について体験してもらう。

【西部】東峰村エクスカーション

開催日: 
2018-11-02
開催都道府県: 
開催場所: 
福岡県朝倉市・東峰村
概要: 
九州北部の豪雨災害で被災した福岡県朝倉市・東峰村は、現在、復興にむけて多くの人たちに支えられながら動き出しています。この地は、過去からの記録もある歴史上重要な地です。中世や近世の災害記録をもとに、克服、復興をたどります。また、人が住み続けるには文化や人のつながりが重要であることもわかってきました。この地に生きてきた方々の地域の知恵を学び、未来へ活かしていく方法について旅をしながら考えてゆきます。
特に中山間地の災害を全国的な視野で考えるため、北海道で地震で被災した鵡川(むかわ)、土木学会本部のある東京をインターネットで結んで議論します。
このエクスカーションは公開です。頻発する自然災害、長期的な視点で考えるための土木学のあり方についても、道中ご意見をいただけたらと思います。

【西部】第17回 都市水害に関するシンポジウム

開催日: 
2018-11-09
開催都道府県: 
開催場所: 
【西部】第16回 都市水害に関するシンポジウム
概要: 
土木学会西部支部では「高齢化社会における水害対策のあり方に関する調査研究委員会」(平成27年度~30年度)を設置し、気象学、河川工学、交通工学、建築学、心理学、社会学など広範な分野の視点から、特に高齢者をはじめとする災害時要援護者を対象とした豪雨時の情報伝達や避難のあり方について調査検討を進めてまいりました。今回のシンポジウムでは、研究者、実務家、技術者および防災士の方々が一堂に会し、住宅密集地での地下河川による浸水防止対策事業の紹介や、平成29年7月豪雨時の朝倉市の危機管理対応の状況、地元の地域コミュニティでの活動の実態などについての講演を予定しています。また、気象庁気象研究所からは、本年7月豪雨の状況について速報を伝えていただくなど、様々なテーマでの講演・討論を予定しています。奮ってご参加をいただきますようご案内申し上げます。

「若戸渡船に乗って洞海湾クルージング」参加者募集

開催日: 
2018-11-10
開催都道府県: 
開催場所: 
<集合>市営渡船戸畑渡場(戸畑区北鳥旗町)<解散>市営渡船若松渡場(若松区本町一丁目)
概要: 
「ニッスイパイオニア館」と「わかちく史料館」を見学し、洞海湾の歴史と現在を知っていただいたのちに、
市営若戸渡船に乗船して、洞海湾クルージングを行います。
普段は見ることのできない、洞海湾からの市街地・工場群や世界文化遺産に認定された「官営八幡製鐵所 旧本事務所」を眺めることのできるコースとなっています。

ページ

RSS - 40福岡県 を購読