28兵庫県

2021年度 第4回 兵庫・関西キャタピラーSTEM賞(学生部門・一般部門)

開催日: 
2021-05-102021-09-30
開催都道府県: 
開催場所: 
メールにて送付
概要: 
日本で事業を始めて55年、またキャタピラーとなって10年を迎えた2018年に、将来を担う若手女性研究者の国内での教育・研究機関における研究を支援する為に設立しました。日本のイノベーション、特に油圧ショベル事業部のデザインセンターと製造施設のある兵庫県を中心とした関西の発展の一助となることを目指し、兵庫・関西発の日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のプロジェクトとしています。

また、2019年より、新たに学生部門を設け、未来の「ものづくり」「建設機械」「都市」についての皆様の考えを募集します。建設機械の歴史は、1925 年にキャタピラー社と共に始まり、未来へ続きます。キャタピラーは世界最大の建設機械メーカーであるだけでなく、エンジン・発電機などパワーシステムのリーディングサプライヤーでもあります。また、1963 年以来、半世紀以上にわたって、日本の明石に重要な拠点を構え、主力製品である油圧ショベルの開発・製造をリードし、時代の先端を行く製品と技術を世界へ発信しています。IoT、ビッグデータ、AI時代ならではの「ものづくり」「建設機械」「都市」についての自由闊達なご意見をお待ちしています。

※開催中止※【関西】どぼくカフェin大鉄工業技術研修センター[施設見学付]

開催日: 
2020-12-05
開催都道府県: 
開催場所: 
大鉄工業株式会社 技術研修センター
概要: 
【内容】
1.どぼくカフェ
 テレビ番組やニュースなどで、大きな軌道付け替え工事などはご覧になったこともあるでしょう。
 しかし、日夜繰り広げられる保線作業については知らないことも多いはず。どのような作業があるのか、どのような苦労があるのか、「保線の秘密・保線作業の魅力」を実体験を交えながらお話しします。

 話 題 提 供 者:目黒 裕 さん(大鉄工業株式会社 線路本部 線路企画部)
 コーディネーター:福永 良一(FCC幹事、大阪府)

2.施設見学
 初の一般公開! 技術研修センターをご覧頂く貴重な機会です。
 普段は、鉄道を中心とした建設工事やインフラ維持等各分野の研修が行われるセンターで、保線と土木を中心に、実際に行っている維持管理作業の紹介と研修内容の紹介を行います。
 実際の保線作業体験があるかも?!

【日時】
2020年12月5日(土)13:30~16:30(受付13:00~)
※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、直前に中止する場合があります。
※雨天の場合、内容を変更したり、直前に中止する場合があります。

【会場】
大鉄工業株式会社 技術研修センター
(兵庫県三田市福島字宮野前501番27 (JR福知山線「新三田」駅より徒歩3分))
   ※車での来場はご遠慮下さい。

【定員】
30名(先着順[11/16(月)から受付予定)])
 ※小学4年生以上。小学生は必ず保護者同伴。

明石市立天文科学館「マンホール(地上の星)展」

開催日: 
2020-02-012020-04-05
開催都道府県: 
開催場所: 
明石市立天文科学館 3階特別展示室(兵庫県明石市)
概要: 
下水道のマンホールのふたのデザインは、地域ごとに違っており、その地域の特色を生かしたデザインになっています。明石市のマンホールには、明石市立天文科学館と、日本標準時子午線を表す南北線が引かれており、私たちの生活に欠かすことのできない時刻と、星とのつながりを感じることができます。全国には、その他にも、星や宇宙がデザインされたマンホールが多くあります。
今回の特別展では、地上(マンホールのふた)にデザインされた星を展示します。

女性エンジニア育成・支援プロジェクト 「2019年度 第2回 兵庫・関西キャタピラーSTEM賞」表彰・発表会

開催日: 
2020-02-11
開催都道府県: 
開催場所: 
ホテルオークラ神戸(兵庫県神戸市)
概要: 
キャタピラージャパンは、2月11日(火・祝)に女性エンジニア育成・支援プロジェクト「2019年度 第2回 兵庫・関西キャタピラーSTEM賞」表彰・発表会を開催します。

阪神・淡路大震災25年 あのときとこれから

開催日: 
2019-10-112020-02-04
開催都道府県: 
開催場所: 
神戸大学附属図書館 社会科学系図書館【本館2階 展示ホール】
概要: 
 神戸大学附属図書館では、収集した貴重な資料を地域のみなさまにもご覧いただきたいと考え、毎年様々なテーマのもとに、附属図書館が所蔵する各種資料の展示会を開催しています。平成16(2004)年度から資料展示活動をはじめ、本年で16年目となりました。
 神戸大学附属図書館は、阪神・淡路大震災の被災地の中にある図書館の責務として、関連資料を収集した「震災文庫」を平成7年10月30日より公開しています。本年度は、震災から 25 年の節目を迎えるにあたり、「あのときとこれから」をテーマに、その所蔵資料を通じて、当時の被害状況や震災の経験と教訓をご紹介します。震災の風化を防ぎ、次の大災害への備えや対策を考える機会となれば幸いです。

【関西】高専学生対象講演会 「神戸の大地の成り立ちと生い立ちと災害」

開催日: 
2019-12-09
開催都道府県: 
開催場所: 
神戸市立工業高等専門学校
概要: 
神戸市立工業高等専門学校で『高専学生対象講演会』を開催します。学生だけでなく、一般の方もご参加いただけます。(先着30名)
【行事名】土木学会関西支部 高専学生対象講演会「神戸の大地の成り立ちと生い立ちと災害 神戸市学園都市の地層を中心に」【講師】神戸親和女子大学 教授 觜本 格 (はしもと いたる) 先生

「土木の日」~湊川隧道通り抜け~

開催日: 
2019-11-10
開催都道府県: 
開催場所: 
湊川隧道(兵庫県神戸市)
概要: 
 土木の日(11月18日)のイベントとして“新湊川ウォーク”を令和元年11月10日(日曜日)に開催します。
 普段は立ち入ることが出来ないレンガ造りの「湊川隧道」を通り抜けた後、近代的な「新湊川トンネル」を経て、川面を身近に感じられる新湊川親水ゾーンを歩きながら、それぞれの表情を観察し、土木施設の役割を身近に感じることができるウォークです。

~土木の日 協賛行事~「阪神高速道路 "安全・安心のみちづくり"見学会」

開催日: 
2019-11-17
開催都道府県: 
開催場所: 
阪神高速「震災資料保管庫」(兵庫県神戸市)
概要: 
内容:震災資料保管庫の見学会のほか、最新の道路点検技術のデモンストレーションや、土木体験、阪神高速道路についての最新情報展示コーナーなどを予定

尼ロック防災展示室の特別公開(入場無料)

開催日: 
2019-07-062019-08-31
開催都道府県: 
開催場所: 
尼ロック 防災展示室(兵庫県尼崎市)
概要: 
24時間365日看視業務を行っている集中コントロールセンターの1階にある防災展示室では、楽しく防災学習ができます。
この機会に、日本最大級の閘門(尼ロック)を見学し、台風・洪水・高潮から「まち」を守る工夫や、近い将来必ずやってくると考えられる「津波」から自分の命を守る方法をみんなで勉強しよう!

【関西】ぶら・土木27 明石海峡大橋主塔登頂企画「ギネスに載ったつり橋からの眺望を楽しもう!」

開催日: 
2019-07-17
開催都道府県: 
開催場所: 
明石海峡大橋
概要: 
ぶら・土木は「つながる、伝える、育てる、育つ」をキーワードに、若手土木技術者の交流と技術力の向上を目的とした関西支部のブランチ活動です。
 27回目にあたる今回は、明石海峡大橋に関する基礎知識や架橋技術を講演や説明を通じて学ぶとともに、主要構造部である主塔に登頂し、非日常の風景を体感していただきます。

ページ

RSS - 28兵庫県 を購読