14神奈川県

相模ダムライトアップ

開催日: 
2019-12-012019-12-30
開催都道府県: 
開催場所: 
相模湖大橋付近から綺麗にご覧いただけます。(神奈川県相模原市)
概要: 
相模ダムでは、さがみ湖やまなみイルミネーションの期間にあわせて、 ダム湖面側をライトアップを実施します。
相模ダムライトアップは相模湖大橋付近からご覧になれます。

横浜みなと博物館企画展「港・ヨコハマの1980年代 横浜港のシンボルがで きるまで」

開催日: 
2019-11-022020-01-13
開催都道府県: 
開催場所: 
横浜みなと博物館 特別展示室(神奈川県横浜市)
概要: 
 1981(昭和56)年に公表された「みなとみらい21」計画で、旧横浜船渠第1号ドックや赤レンガ倉庫の周辺は公園として再開発されることが決まり、1985(昭和60)年からは同ドックで帆船日本丸の一般公開が始まりました。
 また、横浜ベイブリッジは1980(昭和55)年に建設工事が始まり、1989(平成元年)に開通しました。
市民が港を身近に感じることができるこれらの場所が、どのように作られていったのか、当時の様子を写真や模型で紹介します。

神奈川とともに相模鉄道100年展

開催日: 
2019-10-092019-12-23
開催都道府県: 
開催場所: 
原鉄道模型博物館(神奈川県横浜市)
概要: 
神奈川とともに発展してきた100年の歩みを紹介

かながわ建設フェスタin日本大通り

開催日: 
2019-11-24
開催都道府県: 
開催場所: 
日本大通り 神奈川県庁本庁舎前(神奈川県横浜市)
概要: 
主に小学生を対象に、建設業に親しみを持ってもらうとともに、地域における建設業の役割を広く理解してもらい、そのイメージアップを図ることを目的として、次のとおり「かながわ建設フェスタin日本大通り」を開催します。

第5回 ダムマニア展

開催日: 
2019-07-072019-07-25
開催都道府県: 
開催場所: 
神奈川県立相模湖交流センター アートギャラリー(神奈川県相模原市)
概要: 
全国のダムマニアの皆様、お待たせしました!あのダムマニア展が、今年も相模湖に帰ってきます!
ダムライター・萩原雅紀氏がプロデュース。
大人から子供まで、見て 聞いて 食べて 楽しむ、ふか~いダムの世界をのぞいてみませんか?
会期中、ダムマニアによるダムトークライブ(無料)やお子様も楽しめるワークショップを多数開催!
今年の夏も相模湖にみんな集合!

2019年度第1回企画展示「カメラが撮らえた横浜-古写真にみる開港場とその周辺-」

開催日: 
2019-04-272019-07-15
開催都道府県: 
開催場所: 
横浜開港資料館
概要: 
横浜開港160周年記念の企画展示第2弾として、開港直後から明治初年にかけて横浜へ来た外国人によって撮影された「古写真」により開港場横浜とその周辺の風景を紹介します。
初めて横浜の地を訪れた人々が、何に興味を持ち、その土地の風景や人々をどのように感じたのかを、日本人の絵師が描いた絵地図や鳥瞰図等と対比しながら考えます。

宮ヶ瀬ダム内部見学会

開催日: 
2019-07-28
開催都道府県: 
開催場所: 
相模原市宮ヶ瀬ダム
概要: 
普段見られない、ダム内部の見学会を開催します。併せて、観光放流の他、イベントを予定しています。

港湾空港技術研究所 一般公開

開催日: 
2019-07-20
開催都道府県: 
開催場所: 
横須賀市長瀬3-1-1
概要: 
普段見ることができない実際の研究・実験施設を一般に公開し港湾・空港分野における最先端の研究を紹介します。「大規模波動地盤総合水路」で人工津波の威力・迫力を体感できます。

第37回 土砂災害防止「全国の集い」怖いのは地震だけ?恐ろしい土砂災害

開催日: 
2019-06-06
開催都道府県: 
開催場所: 
よこすか芸術劇場(大劇場)(神奈川県横須賀市)
概要: 
近年、土石流やがけ崩れなどの土砂災害が頻発している中で、国土交通省と各都道府県では、6月を「土砂災害防止月間」として、土砂災害の防止に向けた様々な取組みを実施しています。
 この度、その主要行事として、土砂災害からいのちを守るための知識の習得や、その知識を活用した防災力の向上について皆さんと考えるため、神奈川県と国土交通省との共催で、土砂災害防止「全国の集い」を開催します。

山北町「平成30年度 文化講演会」

開催日: 
2019-03-17
開催都道府県: 
開催場所: 
山北町立生涯学習センター3階視聴覚ホール(神奈川県足柄上郡山北町)
概要: 
御殿場線が日本の大動脈東海道本線であった頃、山北町は駅を中心に鉄道の町として栄えました。
現在も町内には明治時代に建造されたトンネル、橋梁、橋脚などの鉄道遺産が残されています。
日本の近代化遺産であるこれらの建造物について、講演会を行います。
演題 山北町の鉄道遺産
講師 小野田 滋 さん(土木学会フェロー、オンライン土木博物館「ドボ博」担当)

ページ

RSS - 14神奈川県 を購読