26京都府

【関西】〈現地開催〉ぶら・土木33 写真講座 in 京都 ~琵琶湖疏水散歩~

開催日: 
2022-05-21
開催都道府県: 
開催場所: 
琵琶湖疏水周辺
概要: 
ぶら・土木は「つながる、伝える、育てる、育つ」をキーワードに、若手土木技術者の交流と技術力の向上を目的とした関西支部のブランチ活動です。
33回目にあたる今回は、写真家(建設部門)の大村拓也氏を再度お迎えし、琵琶湖疏水の歴史を学びながら周辺の土木構造物を魅力的に写真に収める技術を学びます。

----------------------------
【主催】
公益社団法人土木学会関西支部

【開催日時】
2022年5月21日(土) 13:00~17:00(12:30受付開始)

【集合・解散場所】
京都市国際交流会館
京都市営地下鉄 蹴上駅から徒歩6分ほど

【撮影場所】
琵琶湖疏水関連施設周辺

【お持ちいただくもの】
日ごろお使いのカメラ(※スマートフォンでも参加可能です)

【参加費】
無料(集合場所までの交通費などは参加者様のご負担となります)

【定員】
20名(先着順)

【参加条件】
40歳以下の関西支部管内に在住・在勤・在学の土木技術者または土木を専攻する学生
   ※関西支部管内:福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
   ※土木に興味のある高校生・高等専門学校生も参加可能です

【申込方法】
土木学会関西支部ホームページよりお申込みください。

【申込締切】
2022年4月28日(木)
   ※締切時に定員に余裕がある場合は、年齢問わず引き続き申込を受け付けます。

【注意事項】
●荒天時や新型コロナウィルス感染症等に関わる国内の動向により、本行事は中止、延期、開催方法・内容の変更をさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。
●新型コロナウィルス感染症等の影響で開催が延期となった場合、6月11日(土)に振替開催を予定しております。
●雨天の場合は内容を変更して開催します。

【プログラム等】
12:30~ 受付開始
13:00~ 講座開始、挨拶、ぶら・土木の説明、流れの説明、講師紹介
13:10~ 講座1 琵琶湖疏水についての概要説明
写真家からみた史跡の魅力、撮影のコツの紹介
13:40~ 史跡見学&写真撮影:琵琶湖疏水記念館周辺
疏水建設資料や水路閣など疏水関連の史跡見学・撮影
16:00~ 講座2 参加者による写真の紹介・発表
16:50~ まとめ、アンケート記入
17:00 終了
   ※都合により内容や順序などに変更の生じる場合がございますので、予めご了承ください。

【服装】
動きやすい服装・スニーカー推奨・マスク
   ※撮影場所までの移動は徒歩となりますので動きやすい服装でご参加ください。

【CPD等】
 この行事は、土木学会認定CPDプログラム(認定番号:JSCE22-0340,CPD単位:3.9)です。

【建設ディレクターコミュニケーションセンターイベント─実践企業報告会─】 経営者・技術者・建設ディレクターが一堂に集まり地域を超えた事例共有の場に。 『「個」から「チーム」へ─地域を超えて繋がる』

開催日: 
2022-04-15
開催都道府県: 
開催場所: 
国立京都国際会館(京都府京都市)およびオンライン
概要: 
【オンライン視聴プログラム】(13:00~15:00)
■オープニングスピーチ
・内閣府地方創生推進事務局長 青木由行氏
・一般財団法人建設業振興基金 理事長 佐々木基氏
(他調整中)
■事例発表企業
・協栄建設株式会社 京都府
・道路建設株式会社 北海道
・伊米ヶ崎建設株式会社 新潟県
・武藤建設株式会社 長崎県
・ヤマグチ株式会社 鹿児島県

道路アセットマネジメント政策講座 技術セミナー 「性能保証型インフラアセットマネジメントの実現に向けて」

開催日: 
2022-02-22
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
経営管理研究部 道路アセットマネジメント政策講座では、計画的維持管理(アセットマネジメント)の実践方策についての研究を進めています。近年のインフラの高齢化の進展と災害の激甚化傾向を踏まえた国土強靱化に資するアセットマネジメント方策の確立が急務となっており、これらへの対応方策としてリスクマネジメントの概念を取り入れた「性能保証型インフラアセットマネジメント」という新しい全体像をとりまとめました。
 本セミナーは、その成果を広く産官学に紹介して普及を図るとともに、その実践の重要性を啓蒙することを目的としています。地方整備局や地方自治体の土木職員、建設コンサルタントの実務者、またその方面に興味のある学生ならびに就職希望の学生は是非ともご聴講ください。

京都府建設業魅力アップセミナー講演会

開催日: 
2020-02-07
開催都道府県: 
開催場所: 
キャンパスプラザ京都5F「第一講義室」(京都府京都府)
概要: 
京都府建設業魅力向上プロジェクト推進プラットフォームは2月7日に「京都府建設業魅力アップセミナー講演会」を開催します。

立命館大学 防災フロンティア研究センターシンポジウム「2019年台風19号による豪雨災害の実態を知る」

開催日: 
2020-01-17
開催都道府県: 
開催場所: 
メルパルク京都5F会議室A(京都府京都市)
概要: 
立命館大学防災フロンティア研究会は2020年1月17日に2019年度シンポジウム「2019年台風19号による豪雨災害の実態を知る」を開催します。

国土文化研究所オープンセミナー「今こそ問う水力発電の価値~その恵みを未来に生かすために~」

開催日: 
2019-11-07
開催都道府県: 
開催場所: 
キャンパスプラザ京都(京都府京都市)
概要: 
 国土文化研究所では、2015年より「水力発電価値評価研究会」を設置し、既存のダムの有効利用を含めた水力発電の今後の開発・推進方策のあるべき姿について研究を行ってきました。
 このたび、その研究成果をとりまとめ、「今こそ問う水力発電の価値~その恵みを未来に生かすために~」と題して出版することといたしました。
 この出版を記念して、オープンセミナーを開催します。水力発電やダム再生に関心のある皆さまとともに、これからの再生可能エネルギーのあり方を考えていきたいと思います。

地図展2019「近代京都150年を俯瞰する」

開催日: 
2019-09-132019-09-23
開催都道府県: 
開催場所: 
琵琶湖疏水記念館(京都府京都市)
概要: 
地図展推進協議会(構成団体:(一財)日本地図センター・(一社)全国測量設計業協会連合会・(公社)日本測量協会・(一社)地図協会・(公財)日本測量調査技術協会・(一社)地図調製技術協会・(一財)測量専門教育センター)、京都市上下水道局は、「地図展2019」を9/13~23まで京都市で開催します。

宇治市歴史資料館 企画展「昭和28年災害と天ヶ瀬ダム」

開催日: 
2019-07-132019-09-08
開催都道府県: 
開催場所: 
宇治市歴史資料館(京都府宇治市)
概要: 
昭和28年(1953)は、全国的に水害が多発した年でした。南山城地域では8月の豪雨災害に続き、9月25日には、台風13号の豪雨により宇治川が決壊し、現在の宇治市西部から久御山町・城陽市にまたがる広い範囲が浸水しました。
 この時、淀川流域では、想定を大幅に上回る流量を記録し、この災害により、宇治川の治水対策を見直し、天ヶ瀬ダム建設計画は一気に具体化していきます。
 本展では、天ヶ瀬ダム竣工55周年にちなみ、ダムの建設とそのきっかけとなった昭和28年災害について、当時の記憶と記録を紹介します。

【関西】2019年度インフラツーリズム「日吉ダムの見学と保津川下り」

開催日: 
2019-08-22
開催都道府県: 
開催場所: 
日吉ダムほか
概要: 
「日吉ダム見学」と「保津川下り」を体験いただけるインフラツーリズムを開催します。
この機会に私たちの暮らしを支えるインフラ施設に触れてみませんか?
詳しいツアー内容や料金・お申込み方法については、7月に土木学会関西支部のホームページに公開予定です。

【関西】スーパーメガリージョンとしての関西におけるインフラ高度化戦略ワークショップ

開催日: 
2019-06-20
開催都道府県: 
開催場所: 
キャンパスプラザ京都 2階 第1会議室
概要: 
現在、世界のグローバル都市圏においては、都市圏のコンパクト化、複数都市圏のコリドー化によるメガリージョン化という共通した変化傾向が見いだせるようになっています。そのためには、従来の国土計画・総合開発計画を通じて提案されてきた定住圏構想、多極分散構造や、国土軸などの理念的国土モデルを再吟味することが必要です。新しい国土像の転換が期待される中で、スーパーメガリージョンの形成やインフラシステムズのシステム化戦略を指導するような新しい都市論・都市システム論を展開することが求められています。
 本共同研究グループでは、スーパーメガリージョンとしての関西におけるインフラ高度化戦略に関する調査研究を産官学連携により行って参りました。このたび、その成果を踏まえ、下記の要領でワークショップを開催し、研究成果をご報告申し上げたいと存じます。奮ってご参加下さいますようご案内いたします。

ページ

RSS - 26京都府 を購読