04宮城県

コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2019 東北フォーラム(宮城)

開催日: 
2019-06-272019-06-28
開催都道府県: 
開催場所: 
仙台国際センター 大ホール
概要: 
2019年、(一社)コンクリートメンテナンス協会は「鉄筋防錆の観点からコンクリート構造物の健康寿命を考える」をテーマに、「コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム」を開催します。
 本年度のフォーラムでは、予防保全と事後保全の双方の観点に立ち、鉄筋コンクリート構造物の健康寿命を延ばすための維持管理の考え方に関する基本概念、そして最新の調査診断と適切な維持管理技術を紹介します。
 特に、鉄筋防錆に焦点を当てて、電気化学的防食工法と亜硝酸リチウムの定量的防錆工法を中心として事例を交えて解説いたします。

アセットマネジメント講演会 in 仙台 -震災復興から次のステージへ-

開催日: 
2019-05-14
開催都道府県: 
開催場所: 
仙台国際センター展示棟 展示室3
概要: 
 東日本大震災の困難を乗り越えて東北地方が新たなステージに飛躍するため、アセットマネジメントの切り口で幅広く議論を深めますので、奮ってご参加いただきますようお願いいたします。

プログラム(13:00~17:00)
■開会挨拶
■来賓挨拶
■ 基調講演「2年後に迎える復興終了を期して」
東北大学大学院工学研究科インフラ・マネジメント研究センター長
土木学会インフラメンテナンス委員会委員長   久田 真
■特別講演「地域アセットマネジメントの展開による地域創生」
土木学会 会長、JAAM 会長、京都大学特任教授 小林 潔司

休憩

■ パネルディスカッション「地域アセットをどう守り、価値を引き出すか!」
パネラー: 土木学会 会長、JAAM 会長、京都大学特任教授 小林 潔司
     東北大学大学院工学研究科インフラ・マネジメント研究センター長
     土木学会インフラメンテナンス委員会委員長  久田 真
     東北地方整備局企画部長 西尾 崇
     仙台市建設局 下水道事業部 下水道計画課長 水谷 哲也
     三井住友信託銀行株式会社 主任調査役 加賀 一生
     京都大学経営管理大学院 特定教授 藤木 修
コーディネーター:日本アセットマネジメント協会(JAAM)事務局長 戸谷 有一

■閉会挨拶

2019年度 土木学会東北支部総会

開催日: 
2019-05-17
開催都道府県: 
開催場所: 
ホテルメトロポリタン仙台 4階 千代
概要: 
総会(15:00~16:10)
1)平成30年度事業報告および平成30年度収支決算報告
2)2019年度本部役員(案)および2019年度東北支部役員(案)
3)支部規程の改正(案)
4)2019年度事業計画(案)および2019年度収支予算(案)
表彰式(16:20~17:20)
・平成30年度土木学会東北支部総合技術賞、技術開発賞および研究奨励賞
・平成30年度総合技術賞紹介
特別講演(17:30~18:00)
私の経験とこれからの土木学会 ~東京駅の変遷他~
林康雄土木学会次期会長

第2回伝承シンポジウム「響き合うために。」

開催日: 
2019-03-23
開催都道府県: 
開催場所: 
宮城県庁 2階講堂(宮城県仙台市)
概要: 
2018 年度は、地震や豪雨などの自然災害が相次ぎました。東日本大震災後、伝承活動に取り組んでこられた皆さまにとっては、「何ができるだろう」「どうすれば伝わるのだろう」と自問し続けた1年だったのではないかと思います。
 今回は、南海トラフ巨大地震の発生が想定される和歌山で長い間伝承を続けてきた崎山氏をお迎えし、いつどこで何が起こるかわからない今だからこそ、大切なものを守るための”響き合う伝承””あたたかな伝承” のあり方を、皆さまとともに考える機会にしたいと思います。

企画展「それでも、下水は止められない。」

開催日: 
2019-01-222019-04-14
開催都道府県: 
開催場所: 
せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室(宮城県仙台市)
概要: 
津波で壊滅的な被害を受けた南蒲生浄化センターはその日から、気の遠くなるような闘いが始まっていました。施設で40年働き続ける職員など複数のインタビューをもとに、職員の言葉、写真、映像、イラストでそのドラマを伝えます。

第17回(平成30年度)高校生「橋梁模型」作品発表会

開催日: 
2019-02-14
開催都道府県: 
開催場所: 
せんだいメディアテーク オープンスクエア(宮城県仙台市)
概要: 
 高校生橋梁模型作品発表会は、土木技術を学び将来の社会資本づくりを担う高校生に、模型づくりを通じて橋の種類や構造に関する知識を深めてもらうとともに、ものづくりの楽しさや創意工夫を体験してもらうことを目的として、平成14年度から毎年開催しています。
 高校生が製作した橋梁模型作品のうち一次審査を通過した12作品を一般公開し、一般来場者による投票と模型製作者(高校生)による作品プレゼンテーションを行います。
 一般来場者審査投票による獲得点と審査員によるプレゼンテーション審査が加算され、最優秀賞等の各賞が決定します。

川からはじまる魅力ある地域づくり

開催日: 
2019-02-03
開催都道府県: 
開催場所: 
古川商工会議所 2階 第5研修室(宮城県大崎市)
概要: 
 北上川・鳴瀬川の流域は、全国一の飛来数であるマガンをはじめ、多くの生きものの生息環境となっています。
この豊かな自然を保全しつつ、農業やエコツーリズム、教育などに上手に活用する取組みが多方面で行われています。
 地域の財産である自然の魅力を再認識すると共に、流域で活躍をされている方々のお話を通じて、
自然を活かした地域の魅力の高め方について考える講演会を開催します。

平成30年度 東北地域づくり講演会 復興を支えるインフラ整備~川を活かす~

開催日: 
2019-01-22
開催都道府県: 
開催場所: 
仙台市戦災復興記念館記念ホール(宮城県仙台市)
概要: 
東日本大震災から間もなく8年を迎えます。被災地では、河川、道路、港湾等の基幹インフラの復興が進み、防災力が強化され、まちの復興、産業等の再生が進んでいます。
石巻市の旧北上川においては、川を活かした復興まちづくりが進められています。
本講演会では、震災復興に果たす河川の役割と活用について考えます。

企画展「実を結ぶ交流電化『43.10(よん・さん・とう)』ダイヤ改正と東北の鉄道」

開催日: 
2018-12-042019-03-02
開催都道府県: 
開催場所: 
東北福祉大学・鉄道交流ステーション 展示室(宮城県仙台市)
概要: 
「43.10(よん・さん・とう)」と呼ばれるダイヤ改正は、鉄道関係者や鉄道ファンには知られていますが、一般にはなじみのない言葉かもしれません。
今回の企画展では、このダイヤ改正のねらいは何だったのか、これを可能にした背景はどこにあったのか、そして改正の内容と特徴について振り返りつつその意味を探ります。東北各地に登場した特急列車の高速化、新型車両の導入などを中心に紹介します。

公共デザイン研究セミナー ~これからの知的生産と公共調達のあり方を考える~ in 仙台

開催日: 
2018-12-18
開催都道府県: 
開催場所: 
せんだいメディアテーク スタジオシアター(宮城県仙台市)
概要: 
土木学会では、日本の土木施設や公共空間のデザインの質向上を図るため、それらの設計に「デザインコンペ方式」を導入するためのガイドライン『土木設計競技ガイドライン・同解説+資料集』を出版します。出版を記念し、全国9都市で巡回セミナーを開催します。

ページ

RSS - 04宮城県 を購読