47沖縄県

【西部】沖縄の土木技術を世界に発信する会 第26回シンポジウム「沖縄におけるI-Constructionの展開」~ 大きく変わる建設業の未来

開催日: 
2021-11-26
開催都道府県: 
開催場所: 
パレット市民劇場(那覇市)
概要: 
【基調講演】
DX時代の新しい建設産業に向けて
~進化するi-Costruction 沖縄における展開の期待~
建山 和由(立命館大学理工学部 教授)
【テーマ講演】
i-constructionの現状と課題
~インフラ分野におけるDXの推進とともに~
森戸 義貴(国土交通省 大臣官房 技術調査課長)
【トークセッション】
沖縄におけるi-constructionの現状と課題
~魅力ある産業にするためのこれからの展望~

【西部】「橋の日」イベント

開催日: 
2021-08-05
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
8月4日は「橋の日」として、私たちの生活と文化に密接なかかわりを持つ橋に感謝を込めて、橋の清掃活動を行っている。本活動は現在、全国47 都道府県すべてに広がり、沖縄県では平成23 年度以降連続開催し今年11 回目を実施するものである。

【西部】「橋の日」イベント

開催日: 
2020-08-13
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
8月4日は「橋の日」として、私たちの生活と文化に密接なかかわりを持つ橋に感謝を込めて、橋の清掃活動を行っている。本活動は現在、全国47 都道府県すべてに広がり、沖縄県では平成23 年度以降連続開催し今年10 回目を実施するものである。

【西部】沖縄の土木技術を世界に発信する会 第25回シンポジウム「新しい日常に対応するインフラの在り方」 ~Withコロナ、Afterコロナ~

開催日: 
2020-11-06
開催都道府県: 
開催場所: 
パレット市民劇場(那覇市)
概要: 
新型コロナウイルスの感染拡大は、人びとの日常生活、社会生活及び経済活動の全てに影響を与え、これまでの習慣や慣例等の転換を余儀なくされ、3密(密集・密閉・密室)回避の行動が強く求められている。
一方、国土交通省道路局において、「新しい日常に対応するための当面の道路施策」が示され、その中で3密(密集・密閉・密接)回避に資する自転車通勤・通学の促進や物流事業者が利用する休憩施設の環境整備が示された。
本シンポジウムでは、新型コロナウイルスの影響により、日常生活、社会生活及び経済活動に大きな変化が求められる中、国土交通省が示す「新しい日常に対応するための当面の道路施策」に関する全国的な取り組みを見ていくとともに、新型コロナウイルスの感染拡大が引き起こした県民の行動変化(公共交通、高速道路、観光地etc)等を踏まえ、道路(構造又は利用)及び物流(港・空港)、防災、観光、公共交通等、幅広い視点からWithコロナ、或いはAfterコロナ時代のインフラの在り方について考えていく。

【西部】沖縄の土木技術を世界に発信する会 第24回シンポジウム「建設業界での多様な人材の活用に向けて」 ~女性の技術力活用が組織の生産性を向上させる~

開催日: 
2019-11-06
開催都道府県: 
開催場所: 
パレット市民劇場(那覇市)
概要: 
建設業界においては、少子高齢化・人口減少社会の本格的な到来による、労働力の減少が技術者担い手不足の要因となっており、その育成が重要課題となっている。
そこで、女性技術者の活躍を推進することにより、今までの建設業の仕事ぶりやあり方をダイバーシティ(多様性)の観点から、柔軟な視点で建設現場へ参画していくことで、コミュニケーションの活性化や、多種多様な問題解決策の糸口がつかめることが期待される。
本シンポジウムでは、建設業界での多様な人材の活用について、県内の現状と課題を踏まえ、女性技術者が働きやすく、働き続けられる労働環境を整備していくうえでの解決策とその効果を提言するものである。

【西部】土木学会西部支部沖縄会講演会 インフラセンシングの実用化技術と近未来展望~Society5.0の社会インフラへの戦略的展開~

開催日: 
2019-09-25
開催都道府県: 
開催場所: 
沖縄県立博物館・美術館(講堂)
概要: 
講演
センシング技術を用いた構造物の損傷評価
田井 政行(琉球大学工学部附属地域創生研究センター 助教)
特別講演1
鉄鋼構造物の磁気を用いた非破壊検査
塚田 啓二(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 教授)
特別講演2
人口減少社会におけるICT技術の活用
菅沼 久忠(株式会社TTES 代表取締役)

【西部】「橋の日」イベント

開催日: 
2019-08-07
開催都道府県: 
開催場所: 
琉球大学内 球陽橋 橋詰広場
概要: 
8月4日は「橋の日」として、私たちの生活と文化に密接なかかわりを持つ橋に感謝を込めて、橋の清掃活動を行っている。本活動は現在、全国47都道府県すべてに広がり、沖縄県では平成23年度以降連続開催し今年8回目を実施するものである。

【西部】「高炉スラグ細骨材を用いたプレキャストコンクリート製品の設計・製造・施工指針(案)」の発刊に伴う講習会

開催日: 
2019-09-17
開催都道府県: 
開催場所: 
琉球大学地域創生総合研究棟1F多目的ホール
概要: 
土木学会コンクリート委員会「SIP対応高炉スラグ細骨材を用いたプレキャストコンクリート部材に関する研究小委員会(委員長:河野広隆 京都大学教授)」では,熟練した作業員が不足する近い将来において施工の合理化のために活用が見込まれるプレキャスト製品の品質確保を目的とし,2年間の活動を行い,その成果をコンクリートライブラリー155「高炉スラグ細骨材を用いたプレキャストコンクリート製品の設計・製造・施工指針(案)」として発刊いたしました.この指針(案)では,高炉スラグが持つ特性を活かし,耐久的なプレキャスト部材を製造し,品質保証されたものが普及されるために必要な,設計,製造,施工での留意点を示しています.
この度,この指針(案)の講習会を開催することと致しましたので,奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます.

防波堤のケーソンの大きさを実感してみよう!

開催日: 
2019-08-012019-10-31
開催都道府県: 
開催場所: 
那覇港(浦添地区)防波堤(浦添第一)
概要: 
防波堤(浦添第一)整備事業の概要説明と製作中のケーソンの見学を行う。

コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2019 沖縄フォーラム

開催日: 
2019-08-01
開催都道府県: 
開催場所: 
沖縄県男女共同参画センター てぃるるホール
概要: 
2019年、(一社)コンクリートメンテナンス協会は「鉄筋防錆の観点からコンクリート構造物の健康寿命を考える」をテーマに、「コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム」を開催します。
 本年度のフォーラムでは、予防保全と事後保全の双方の観点に立ち、鉄筋コンクリート構造物の健康寿命を延ばすための維持管理の考え方に関する基本概念、そして最新の調査診断と適切な維持管理技術を紹介します。
 特に、鉄筋防錆に焦点を当てて、電気化学的防食工法と亜硝酸リチウムの定量的防錆工法を中心として事例を交えて解説いたします。

ページ

RSS - 47沖縄県 を購読