48その他

【関東】「第14回 どぼくカフェ on ZOOM」

開催日: 
2021-09-15
開催都道府県: 
開催場所: 
Zoomミーティング
概要: 
社会インフラを構成する土木構造物は、見る者を惹きつける要素を具備していることは間違いない。既に、現場見学・社会見学、インターンシップ、各種イベント、WEBサイト、SNSなど、全国津々浦々で展開している。
今回のどぼくカフェでは、下記のような内容で、皆様と対話いただければと思います。

☆Part1: ‘土木’の見方・感じ方・伝え方
 社会インフラって何? インフラツーリズムとは?
☆ Part2:‘魅せる土木’の活動報告
 社会インフラの意義と醍醐味を伝えるための社会活動
☆ Part3: 次世代にアピールするための提案
 良質のコンテンツ作り、情報発信戦略
☆ Part4:コラボ提案:楽しい企画/わくわくするイベント

【関東】2021年度コンクリートカヌー大会

開催日: 
2021-11-13
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
例年8月に埼玉県の彩湖で開催しているコンクリートカヌー大会について、今年度はオンラインでのプレゼンテーション大会で実施することに決定いたしました。多くの団体からお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

開催日が決定しましたので、お知らせいたします。詳細のタイムスケジュールやレギュレーションについては、後日お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。既に準備を始めている団体におかれましては、製作状況を動画、写真等で記録しておくことをお勧めいたします。

【関東】談話会「これからのインフラ整備とまちづくり ~上下水道、再開発事業の視点から~」

開催日: 
2021-05-26
開催都道府県: 
開催場所: 
Zoomミーティング
概要: 
東京都では、2040年代に目指す東京の姿「ビジョン」と、その実現のために2030年に向けて取り組むべき「戦略」を示した「『未来の東京』戦略ビジョン」を策定しています。
 ビジョン中、2040年代の安全安心な東京の姿として、「地震や台風など、自然の脅威に対して、最先端技術の活用や都市施設の整備をはじめ、ハード・ソフトの重層的な備えにより、都民の生命が守られ、世界一安全安心な都市が実現」、「東京のまちから電柱が姿を消すとともに、木造住宅密集地域は東京ならではの路地の風情と雰囲気を生かしつつ、安全な街並みとして再生」、また、「東京は、今までに経験のない台風や豪雨に対しても、都民の生命と安全が確保され、犠牲者を伝える災害ニュースが流れない。」としています。そこで今回は、東京都の萩原清志氏を講師にお迎えし、講師が精通する上下水道及び再開発事業を中心とした基礎インフラ整備のこれまでの様々な取組と、今後のまちづくりの展望について、ご講演いただきます。また、現在講師の携わる下水道基幹施設の整備の近々の状況についてもご紹介いただきます。

【関東支部】土木の絵本感想文 募集案内

開催日: 
2020-11-172020-12-13
開催都道府県: 
開催場所: 
関東支部ホームページ
概要: 
土木を題材とした絵本をプレゼントいたしますので、親子で一緒に絵本に触れあった思い出(作品)をお寄せください。
ご応募いただく作品は、感想文やスケッチ、工作、写真などの形式・手段は問いませんので、自由な発想・方法で土木に対する思いを表現してください。

【関東支部】技術士第二次試験受験のための直前講習会 (オンライン講習) -第12回-

開催日: 
2020-09-06
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
土木学会関東支部では例年、技術士を目指される方々を対象にした講習会を開催し、好評を博しております。昨年度から導入された資質能力を踏まえた技術士試験は、今年度はさらに高度に洗練された形で実施されるものと予想されます。受講者限定の講習動画にて「技術士論文の作成方法」と「模擬試験解答方法」を解説するとともに、ライブ配信のオンライン講習により模擬試験結果の「自己評価の方法」や「採点のポイント」を詳しく解説いたします。

【関東支部】第46回関東支部技術研究発表会

開催日: 
2021-03-012021-03-04
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
土木学会関東支部では、土木工学、土木技術に関する研究や現場報告などを発表する場として技術研究発表会を毎年3月に開催しております。毎年500編近い発表と延べ2000人の参加があり、活発な議論が行われています。
本年度の関東支部技術研究発表会はオンラインによる開催を予定しております。具体的な実施方法については,後日,関東支部HPにてご案内いたします。

【中部】土木技術者と学生の交流会

開催日: 
2020-11-102020-12-09
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン開催(予定)
概要: 
毎年開催している土木技術者と学生の交流会を今年度はオンライン開催を企画中、実施期間については11月中旬から12月上旬を予定し今後調整する。

3.11東日本大震災リレーシンポジウム 震災復興10年の成果と課題を俯瞰する〜今後の備えへの教訓

開催日: 
2020-07-04
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン開催
概要: 
 来年、東日本大震災発災から10年の節目を迎えます。土木学会では、この10年の復興を総括し、その成果や教訓を、地域復興がこれから本格化する福島、さらに南海トラフや首都直下の事前復興に向けて接続し、今後の社会と土木技術者のあり方を問うことを目的とする、連続リレーシンポジウムを企画しています。
 第一回「震災復興10年の成果と課題を俯瞰する〜今後の備えへの教訓」では、今後の災害復興・復旧、事前復興に資する知見を得るため、震災復興10年の成果と課題を抽出する専門的な議論を行います。2011年に土木学会総合調査団が報告書に提示した復興の三つの観点(生活、生業、安全)に基づいて今次復興を振り返り、人口減少期を迎えた日本の復興のありかたに資する教訓はなにか、俯瞰的に議論し総括します。

 議論の成果は、9月に予定されている第二回リレーシンポジウム「東日本大震災と南海トラフ地震の接続点」に引き継ぎます。

令和初の歴史ヒストリー 土木遺産視察の旅・台湾の歴史遺産を訪ねる 八田與一の烏山頭ダム施設から九份、レトロな鉄道遺産など体感!

開催日: 
2019-12-042019-12-07
開催都道府県: 
開催場所: 
台湾
概要: 
土木学会土木広報センターでは、この度、「令和初の歴史ヒストリー 土木遺産視察の旅・台湾の歴史遺産を訪ねる 八田與一の烏山頭ダム施設から九份、レトロな鉄道遺産など体感!」と題したツアーを企画いたしました。
「この企画でしか見られない、体験できない!」「台湾料理も最高!」と好評のツアーです。
ご夫婦での参加も大歓迎。専門家が同行解説いたします。

本企画の特色:

■土木学会2009年度選奨土木遺産 ~ 烏山頭水庫 視察
 竣工1930年 八田與一氏(石川県金沢市出身)の設計と施工、監理による当時アジア最大のダムで、灌漑により嘉南平野を一大穀倉地帯に変貌させた毎年5月8日、八田技師の命日に地域住民ほかによる墓前祭が催されている

■普通では見られない、体験できない施設見学が盛りだくさん
 2日目:烏山頭ダム水庫を船で巡る(当日の天候や貯水量によって変更あり)。旧放水口からの特別放水と機械室の見学、嘉南農田水利会管理所で八田與一銅像の金型を見学、八田與一が創設して現在も活動する嘉南農田水利会との交流。

■日本に姉妹線を持つ台湾鉄道「平渓線」乗車と天燈上げ体験
 3日目:九份観光の後、台湾台湾「平渓線」乗車体験と下車駅の十分で「天燈上げ」体験

■1924年開通当時、東南アジア最長トンネル「旧草嶺隧道」視察
 4日目:福隆にある旧草嶺トンネル視察

【TV番組】正月時代劇「家康、江戸を建てる」

開催日: 
2019-01-022019-01-03
開催都道府県: 
開催場所: 
放送局:NHK総合、NHK BS4K
概要: 
正月時代劇「家康、江戸を建てる」
■放送日時:
前編「水を制す」2019年1月2日(水)[総合]午後9:00〜10:13
後編「金貨の町」2019年1月3日(木)[総合]午後9:00〜10:13
■放送局:NHK総合、NHK BS4K

前編「水を制す」
総合:2019年1月2日(水)夜9時
BS4K:2019年1月1日(火・祝)夜7時
徳川家康(市村正親)は、低湿で水浸しの大地(今の東京)に、人が住めるようにするには、どうすれば良いか?と考えた。海水が流れ込んでくる関東の低地では井戸から水を得難く、人が生きるための清水の確保が急務であった。いわゆる上水の整備を命じられたのは、家臣・大久保藤五郎(佐々木蔵之介)。若き日、戦場で傷を負い、馬にもまたがれぬ身となり、家康のための菓子作りを長年してきた大久保は、現在の井の頭池から江戸の町に上水を通すという一世一代の大仕事に取り組む…

後編「金貨の町」
総合:2019年1月3日(木)夜9時
BS4K:2019年1月2日(水)夜7時
家康(市村正親)が目指したのは、全国共通貨幣「小判」を一手に製造する首都・江戸の建設である。この頃、日本の経済の中心は、豊臣家の拠点・大坂であった。大坂に物が集まり人も集まり、発展を遂げる。江戸を大坂以上の経済都市にする。そのためには日本全国に流通し、安心して利用される日本初の流通貨幣を「江戸」で、製造しなくてはならない。家康が抜擢したのは、褒賞の品としての大判の金貨作りを牛耳ってきた京の名家後藤家の一職人に過ぎない橋本庄三郎(柄本佑)であった…

ページ

RSS - 48その他 を購読