13東京都

【関東】-技術士(建設部門)第二次試験受験のための実践講習会(演習付)第32回- 【会場・オンライン併用開催】

開催日: 
2021-04-09
開催都道府県: 
開催場所: 
土木学会本部2階大講堂またはオンライン
概要: 
技術士資格はわが国の技術業の最高資格であり、高度の専門能力と倫理規範を備えていることを国が認める資格です。自然環境も社会経済環境も共に激変する時代を迎え、自ら業務を計画し遂行する力を持つ技術士は企業,社会から広く求められています。
技術士試験は資質能力が問われる試験となり,課題を抽出してその解決方策を立て,客観的に評価する能力が求められる試験になりました。すなわち、一人ひとりが他者と異なる自分の意見を持たねばならず、自立能力が必須ということです。
本講習会では技術士試験がなぜそのような能力を求めるのかとの基本理念を踏まえたうえで、合格する論文の作り方を解説し、それを作成する演習を行います。そして最後に、7月の筆記試験までの準備の進め方を具体的に示し、みなさんの試験準備を力強く後押しします。
この講習会にて、試験の目的を把握し、論文設計の概念と方法を知り、試験準備の工程管理のポイントをしっかり理解してください。

世界で活躍する日本の土木技術者シリーズ 第17回シンポジウム  「開発途上国におけるインフラ技術の輸出:パキスタン国東西道路改修事業 国道70号線」

開催日: 
2021-03-02
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
世界で活躍する土木技術者シリーズシンポジウムでは、日本企業の海外プロジェクトを通して海外で活躍する日本の土木技術者の姿、日本の土木技術、現地技術者との協力、そして地域のインフラ整備への貢献について理解を深めることを趣旨とし、様々なプロジェクトを紹介しております。また、日本の将来を担う若手技術者へ海外プロジェクトの意義、海外における仕事の進め方を伝え、同時に将来の技術者像を考えるきっかけになることを願い企画しております。
今回は、パキスタン政府が国家計画として掲げる「Vision2025」の柱の一つ「インフラの改善・地域連結性の強化」に注目し、パロチスタン州都クエッタとパンジャブ州南部都市ムルタンを結ぶ輸送の基幹ルートである国道70号線の改修工事をご紹介します。国道70号線は、急峻な山岳部を通り急カーブが多く交通の難所となっています。交通の安全性を確保し、都市と地方を効果的に連結させて道路ネットワークの整備、経済回廊の拡大を目指しています。

【関東】「第13回 どぼくカフェ on ZOOM」

開催日: 
2021-02-26
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
 日本の離島は宝島。知っておきたい宝とは?
 6852の「島」からなる日本列島には北海道・本州・四国・九州・沖縄本島以外に約400島あまりの有人離島があります。面積の大きい佐渡、対馬、奄美大島から、観光地としても名だたる石垣島や宮古島、直島、厳島、ハワイから鯨を追ってやってきた人々が開拓した小笠原諸島に、人口数人〜十数人が暮らす知る人ぞ知る島など、個性きわだつ島が、日本の海に浮かんでいます。
 離島経済新聞社はそんな「日本の島」にフォーカスし、人が暮らす島々の「価値」と「課題」を集め、発信するメディア事業や、離島地域の行政や離島振興を志す企業と連携しながら地域づくりのサポートを行うNPO法人です。この講演では、統括編集長の鯨本あつこが、ひとりの日本人として知っておくべき日本の島々の姿や、その魅力について紹介します。

第75回セメント技術大会

開催日: 
2021-05-262021-05-28
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
セメント技術大会は、毎年5月に開催されるセメント・コンクリートの技術的・学術的研究発表です。
例年約160件の研究発表があり、3日間にわたり開催しています。研究発表の内容は、セメント化学、建築、土木分野と多岐にわたり、約700名の研究者が参集し、活発な質疑応答が行われています。
この大会への発表及び聴講は、どなたでも参加できます。
今大会は新型コロナウィルス感染防止のためオンラインで開催いたします。

【関東支部】ドローン講習会第2弾!!~安全かつ効率的な利活用に向けて~【※オンライン講習】

開催日: 
2021-02-05
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
土木学会関東支部では、2015年10月26日に「ドローン(無人航空機)土木分野への展開」と題して、ドローンに関する当時の最新事情と活用事例を紹介する講習会を開催し、ドローンを健全に活用していくための留意点や活用のヒント等を学びました。
その後、ドローンの利用は我々にとって非常に身近なものとなり、土木分野でも調査・測量から出来形管理、構造物の点検など様々な場面に適用されており、今後、その活用領域はさらに広がっていくものと予想されます。このようにドローンが一般化する一方で、運航時の事故については、重大事故には至らなくともヒヤリ・ハットに遭遇された方は多いのではないかと考えられます。
今回、国土交通省荒川下流河川事務所様のご協力を頂き、ドローンの今後の利活用の展望とともに、安全な運用に向けた最新の取組みについて情報提供していただく機会を得ました。
本講習会の受講によりドローンに関する基礎的知識を再確認するとともに、ドローンを安全かつ効率的に利活用する上でのリスク管理に関する知見を得ることが可能になると思います。
万障お繰り合わせのうえ、多数の皆様のご参加を頂きますようお願い申し上げます。

【関東支部】若手技術者交流サロン(土木のおしごと)参加者募集  ~土木のおしごとの内容を聞いてみませんか~

開催日: 
2021-02-10
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン Zoomミーティング
概要: 
関東支部交流部会では、土木系の学部学科等で学ぶ大学生及び大学院生に、土木に関わる 仕事の内容を具体的に知ってもらい、将来の職業選択の参考にしてもらうことを目的とし た、若手技術者交流サロン【土木のおしごと】を開催いたします。
土木の各分野で活躍している若手社会人に、従事している仕事内容を紹介してもらい、簡 単な質疑応答を行うものです。(若手社会人は、官公庁、建設コンサルタント、ゼネコン、 鉄道会社から各1名の計4名を予定しています。)
土木のおしごとに興味を持つ学生の皆さま、土木の他分野の仕事に興味のある社会人の皆さま、奮ってご参加ください。

デザイン賞2020 授賞式

開催日: 
2021-01-23
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
公益社団法人土木学会では、景観・デザイン委員会において、美しい国土の実現に向け、優れた公共的な空間や構造物の設計作品を通じて土木デザインの重要性を社会に問うとともに、才能ある設計者やデザイナーの努力が社会の広範な支持を得ることに寄与することを目的として、2001年度に土木学会景観・デザイン委員会デザイン賞(略称:土木学会デザイン賞)を創設し、これまでに合計186作品を選定してきました。
昨年11月の授賞対象作品の決定を受けまして、下記の日時に授賞式を開催いたします。
本年度は新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から、オンライン(Zoom)にて、表彰状授与式、受賞者プレゼンテーション、授賞対象作品に対する選考委員の講評を実施します。受賞者、選考委員、参加者による質疑応答・ディスカッションもございます。ぜひともご視聴・ご参加賜りますようよろしくお願い申し上げます。

第4回インフラメンテナンス講座『市民協働編』

開催日: 
2021-02-26
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
最終回となる今回は、「市民協働」をテーマとして、「地方インフラの現状と市民との協働によるメンテナンスの実例」と「マスコミから見た地方インフラのメンテナンス」について、自治体や各団体からの話題提供や専門家とのディスカッションにより市民との協働の結びつきについて理解を深めます。

■日時:2021年2月26日 (金) 13:00~15:30
■視聴URL:https://youtu.be/ifuBOBnfRs0
■参加費:無料
■主催:土木学会 インフラメンテナンス総合委員会 アクティビティ部会
■共催:インフラメンテナンス国民会議

第3回インフラメンテナンス講座『インフラメンテナンスの技術や制度編』

開催日: 
2021-01-12
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン( https://youtu.be/25sG8lCj26M )
概要: 
土木学会にて、2020年度より立ち上げた「インフラメンテナンス総合委員会」では、財政力や技術力が十分でない小規模の自治体で管理している地方インフラを対象に、4回シリーズのメンテナンス講座をオンラインで開講する。第3回目は「新技術導入編」。

■日時:2021年1月12日 (火) 13:00~15:20
■開催方法:オンライン (YouTube)
■視聴URL:https://youtu.be/25sG8lCj26M
■参加費:無料
■申込み:オンライン視聴の事前申込み不要
※CPD受講証明を必要とする方のみ要事前申込(締切:2021/01/11)
■主催:土木学会 インフラメンテナンス総合委員会

【今後の開催予定】
第4回:2月26日(金)市民協働や人材育成編

第2回地方インフラを対象としたメンテナンス講座

開催日: 
2020-12-14
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン
概要: 
土木学会では、笹子トンネル天井板落下事故に端を発した社会インフラの老朽化問題や、近年頻発している豪雨災害・地震災害に対するメンテナンスの重要性に鑑み、2020年度より、これまで個別に活動していたメンテナンス関連委員会を統合し、体系的かつ有機的に活動することを目的に、インフラメンテナンス総合委員会(以下、本委員会)を立ち上げました。
この度その活動の一環として、財政力や技術力が十分でない小規模の自治体で管理している地方インフラを対象に、4回シリーズのメンテナンス講座をオンラインで開講することになりましたのでご案内いたします。11月16日に開催された第1回目はその導入編として、東京都市大学学長三木千壽氏から特別講演、三重県鈴鹿市末松則子市長、熊本県玉名市役所木下義昭氏から話題提供をいただき、その後、ディスカッションを行いました。第2回目は、地方インフラの現状について理解を深めることを目的に、健康診断小委員会中村光委員長(名古屋大学)と同委員会秋山充良幹事長(早稲田大学)より基調講演をいただき、その後,鉄道・河川・上下水道・港湾部門の各専門家とともに、ディスカッションを行います。
地方インフラのメンテナンスは喫緊の課題ですので是非この機に本オンライン講座にご参加いただき、理解を深めていただければ幸いです。

【今後の開催予定】
第2回:12月14日(月)現状編
第3回:1月12日(火)技術や制度編
第4回:2月26日(金)市民協働や人材育成編

ページ

RSS - 13東京都 を購読