13東京都

第3回 技術基準の国際化セミナー 道路分野における技術基準の国際展開について~ ミャンマー国の事例 ~

開催日: 
2019-12-17
開催都道府県: 
開催場所: 
土木会館 2階 講堂(東京都新宿区四谷一丁目外濠公園内)
概要: 
土木学会国際センタープロジェクトグループではわが国の技術基準の国際化について、各分野における具体的取り組みの紹介を行っている。
今回は道路分野における技術基準の国際展開をテーマに、国土交通省による道路分野の海外展開戦略の紹介の後、
ミャンマー国における舗装技術の移転と技術基準の策定・普及事例について、ご報告をいただき、参加者間で議論を行う。

特別展「羽化する渋谷 ―渋谷駅135年の時系列模型から見る2020年」

開催日: 
2019-10-152019-12-14
開催都道府県: 
開催場所: 
昭和女子大学光葉博物館(東京都世田谷)
概要: 
企画・出展作品:田村圭介+環境デザイン学科田村研究室

社会インフラテック2019

開催日: 
2019-12-042019-12-06
開催都道府県: 
開催場所: 
東京ビッグサイト南1・2ホール(東京都江東区)
概要: 
社会インフラテック2019
■日時:2019年 12月4日(水)~12月6日(金) 10:00―17:00
■場所:東京ビッグサイト南1・2ホール(東京都江東区)
■費用:入場無料(事前登録制)
■主催:インフラメンテナンス国民会議、日本経済新聞社
■後援:国土交通省、内閣府、経済産業省、環境省、文部科学省、厚生労働省、警察庁、公益社団法人 土木学会

第106回土木学会イブニングシアター~河川防災特集~

開催日: 
2019-12-05
開催都道府県: 
開催場所: 
土木学会2階講堂(JR「四ツ谷」駅の四ツ谷口より徒歩3分)
概要: 
今年も台風15号および19号が各地で大きな被害をもたらしました。今回のイブニングシアターでは、「河川防災」をテーマに、以下の3作品を上映します。
 戦後最悪の台風被害をもたらした昭和34年の伊勢湾台風、堤防決壊がセンセーショナルに報道された昭和49年多摩川の水害、そして平成12年の東海豪雨です。
 解説には、河川工学および河川行政の学識者をお迎えして、今年の台風15号および19号の概況と併せて解説していただきます。
 是非、ご来場ください。

土木コレクション2019

開催日: 
2019-11-142019-11-17
開催都道府県: 
開催場所: 
新宿駅西口広場イベントコーナー(JR新宿駅西口)
概要: 
「TOKYO」って、どんなイメージ?
安全で、便利で、快適。世界最先端の高い生活水準を誇る世界都市だと答える人は多いでしょう。でも昔からそうだったわけではありません。江戸城が明け渡された1868年の5年前、ロンドンでは地下鉄(The Tube)が開業していました。明治の文明開化を経て近代国家への仲間入りを目指してから150年。我が国は地震や戦争、災害など、幾度となく迫る苦難に直面してきました。しかし、そのたびに乗り越えてTOKYOは進化してきたのです。街を便利に楽しめる地下鉄、火災の延焼を防ぐ幅の広い道路、台風から身を守る安全な川や、日本の経済を動かす高速道路や新幹線--。先人たちの努力の結晶が、今も残っています。

そんなTOKYOで、1964年以来2度目となるオリンピックが来年2020年に開催されます。オリンピックの本番前にぜひ皆さんに知ってほしいのが、開催を裏で支えるそんな「インフラ」の存在です。
「インフラ」は皆さんの生活を24時間365日支え続けています。存在が当たり前すぎて、普段は意識することもほとんどないのではないでしょうか? しかし、異なる時代に造られたインフラが、実は綿密な計画の下でそれぞれが折り重なってTOKYOを機能させています。

土木コレクションでは、土木界が保有する、普段目にすることができない貴重な映像や写真、図面、歴史資料の数々を毎年、展示・公開しています。今年の開催では2つのオリンピックを軸に、「イントロ/軌跡」「戦前〜戦後/世界都市東京の夜明け」「1964/東京オリンピック前夜」「その後/TOKYO2020に向け」という4つのゾーンに分けて、社会背景とともにインフラの魅力をお伝えしたいと思っています。
過去から未来へと脈々と受け継がれてきた土木の蓄積とともに、
変貌を遂げてきたTOKYOをぜひ実感してもらえれば幸いです。

第5回CNCPサロンのご案内

開催日: 
2019-12-10
開催都道府県: 
開催場所: 
千代田区神田錦町3‐21 ちよだプラットフォームスクエア5階会議室
概要: 
第5回CNCPサロンを企画しました。
【講師】 「ストリート・デザイン・マネジメント――公共空間を活用する制度・組織・プロセス(学芸出版社)」の編著者の一人であり、街路の空間再配分とマネジメントを研究テーマとする横浜国立大学の三浦 詩乃助教をお招きしています。
【内容】 国際的に人間中心の街路への再生とそれによる都市のイノベーションの創出が期待されています。日本国内においても、街路構造令100周年を機に、国土交通省においてもストリートデザイン懇談会が立ち上げられるなど、今後の100年間の社会のために、街路の機能を見直す機運が高まっています。これらの取組の現状・課題などについて解説します。

土木の日シンポジウム2019

開催日: 
2019-11-24
開催都道府県: 
開催場所: 
土木学会 講堂(東京都新宿区)
概要: 
 今年度の「土木の日シンポジウム」は、土木学会の創立記念日である11月24日に開催いたします。
 今年度のテーマは、「“市民普請”で地方をよみがえらせる -市民主導の新しい公共事業の仕組みを考える-」。
 持続可能な地域社会を構築する上で、市民主導の新しい公共事業“市民普請”に注目が集まっています。本シンポジウムでは市民普請のしくみやファンディング、行政との連携などをテーマにその可能性について議論します。

第31回 地質調査総合センター シンポジウム

開催日: 
2019-12-06
開催都道府県: 
開催場所: 
秋葉原ダイビル・コンベンションホール
概要: 
本シンポジウムでは、「地下水、土壌、地中熱」の基盤データの整備状況や利活用事例を報告します。
また、地圏資源環境部門内の萌芽研究等を紹介するポスターセッションも併せて実施します。是非、ご参加下さい。

第11回マンホールナイト

開催日: 
2019-11-02
開催都道府県: 
開催場所: 
江東区 東大島文化センター 第1研修室
概要: 
 マンホールナイトとは、2011年11月2日(イイフタの日)に初めて開催された、マンホールの蓋好きが集まってキャッキャッする魅惑のイベントです。
 著名なゲストをお招きしてマニアックな研究発表を行ったり、マンホール街歩きが併催されたり、展示・映像・マンホールの蓋リスペクトな料理や飲み物まで登場したりするなど、マンホールの蓋の魅力と深遠に迫ります。

第5回土木史サロン『My favorite土木偉人』

開催日: 
2019-10-28
開催都道府県: 
開催場所: 
土木学会 講堂
概要: 
2019年10月28日(月)に「第5回土木史サロン」を開催します。
今回のテーマは、『My favorite土木偉人』。

発表者には、お気に入りの、あるいは郷土の輩出した土木偉人についてアピールいただきます。
「土木偉人かるた」48人は勿論、かるたに登場していない49人目の土木偉人も大歓迎!

発表者のなかには、講談師の田辺一邑氏も参加予定、「青山士」の講談をいただきます!

~現在の発表偉人はこちら~
 ◆青山士(講談師 田辺一邑氏)
 ◆田辺朔郎(日本大学 鈴木圭氏)
 ◆デ・レイケ(協和コンサルタンツ 伊納浩氏)
 ◆友野与右衛門(裾野市文化財保護審議会 田口建一氏)
 ◆加藤清正(熊本大学 田中尚人氏)

当日のご参加は勿論のこと、発表者もまだまだ募集中!
研究者でなくても、熱い思いで、楽しく、自由に語ってください。

第5回土木史サロン『My favorite土木偉人~』
■日 時:2019年 10月28日(月)12:40~16:00
■場 所:土木学会 講堂(東京都新宿区)
■費 用:無料(要事前申込10月21日締切)
■お申込:http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp
■詳 細:http://www.jsce.or.jp/committee/hsce/index.htm
■主 催:
(公社)土木学会 土木史広報小委員会
■行事情報URL:
 http://www.jsce.or.jp/committee/hsce/index.htm
■講談師 田辺一邑氏:
 http://www.tanabe-ichiyu.com/

ページ

RSS - 13東京都 を購読