講習会・セミナー

【関西】安価で確実な鋼橋の長寿命化対策に関する共同研究グループワークショップ(オンライン開催)

開催日: 
2020-07-31
開催都道府県: 
開催場所: 
オンライン開催(zoom)のため、お住まいの地域に関係なくどなたでもご受講いただけます
概要: 
【概要】
2014年から義務化された道路橋に対する5年ごとの全数近接目視点検が2018年度で一巡し、今後は補修補強、更新、架け替えなどの対策のステージに突入する。これまでの点検結果から、速やかに修繕しないと今後通行止めになる可能性がある橋梁が全体の1割程度確認されているが、実際に補修等に着手できている橋はその中の1割程度であり、残りの9割程度は放置されているのが現状である。これらの橋梁に対して速やかに補修していく必要があるが、現在の財政状況を考えると極めて厳しい状況にある。すなわち、対策が必要な橋の数に対して、圧倒的に予算が不足するため、限られた予算で大規模更新や架け替えなどを行うためには、橋の数を減らすか、対策の質を落とすしか選択肢はない。数も減らさず、質も落とさないためには、先ず何よりも安価で、かつ確実で効果的な補修補強対策を開発するしか道はない。
 一方、鉄道橋では、以前から2年毎の定期点検が義務付けられており、点検時に「救急箱」を携帯してバンドエイド的な比較的簡易な補修を行うことにより長寿命化を図っている事例も見受けられる。
 本共同研究グループは、鉄道事業者や道路管理者、コンサルタント、施工業者、大学の研究者、弁護士等で構成し、安価で確実な鋼橋の長寿命化対策に関する共同研究を行ってまいりました。
 このたび、その成果を踏まえ、下記の要領でワークショップを開催し、研究成果をご報告申し上げたいと存じます。奮ってご参加下さいますようご案内いたします。

【開催詳細】
[主催]
土木学会関西支部 安価で確実な鋼橋の長寿命化対策に関する共同研究グループ
[日時]
2020年7月31日(金) 13:30~17:00
[開催形式]
Zoomを利用したオンラインワークショップ
[定員]
500名
[参加費]
無料
[申込方法]
土木学会関西支部ウェブページ内の申込フォームからお申し込みください。
メールアドレスの入力ミスがないようくれぐれもご注意ください。
1メールアドレスにつき1回のみのお申込みが可能です。
「@civilnet.or.jp」と「@zoom.us」からのメールを受信できるように設定をお願いします。
[申込締切]
2020年7月15日(水)
[資料]
申込完了時に届くメールに記載のURLからダウンロードしてください。 (7月中旬に掲載予定です)
[CPD等]
この行事は、土木学会認定CPDプログラム(認定番号:JSCE20-0125、単位数:3.2単位)です。
建設系CPD協議会では、構成団体ごとに定めた独自のルールを尊重することとなっています。
CPD単位登録を受ける団体のルールに従い単位換算又は登録が認められない場合もあります。
詳しくは各構成団体のCPD登録ルールをご確認ください。
【CPDS】(インターネット学習)の申請は、“当支部が発行する受講証明書”に、“本行事ウェブページ
のコピー”を添えて、ご自身で行ってください。なお、【CPDS】に関する問い合わせは
一般社団法人全国土木施工管理技士会連合会 にお願いします。
[問合先]
土木学会関西支部
 〒541-0055 大阪市中央区船場中央2-1-4-409
  Tel:06-6271-6686/Fax:06-6271-6485

その他プログラム等は土木学会関西支部ウェブページげご確認ください。
 

【中部】出前講座

開催日: 
2020-12-15
開催都道府県: 
開催場所: 
愛知県立鶴城丘高等学校
概要: 
題目:電子紙芝居を使い,水害について考えるワークショップ
講師:名古屋工業大学 大学院工学研究科 社会工学系プログラム 秀島 栄三 教授
内容:特定非営利活動法人レスキューストックヤードが製作した”デジタル防災紙芝居”「大変だ,浸水しとる!!平成12年9月11日〜12日東海豪雨水害 ある被災者の記録」または「みんなで命をつなぐ地域づくり平成16年10月20日豊岡水害【台風23号】地域の闘いの記録」を鑑賞し,いくつかの問いに答えながら,水害を減らすための備えについて私たちの問題として考える.

【中部】出前講座

開催日: 
2020-12-08
開催都道府県: 
開催場所: 
愛知県立鶴城丘高等学校
概要: 
題目:緊急地震速報で命をまもる
講師:愛知工業大学 工学部土木工学科 小池 則満 教授
内容:1)緊急地震速報の仕組みや中部地方の主な断層について解説
2)予想震度や地震が来るまでの時間を体験。どうやってそれを活用して身を守るのか、一緒に考えましょ

【中部】第5回出前講座

開催日: 
2020-09-28
開催都道府県: 
開催場所: 
愛知県立半田東高等学校
概要: 
題目:①来るべき巨大地震に備えてー地震災害を探るー  ②地震時の地盤の液状化ー液状化は私たちの暮らしにどんな影響を与えるかー
講師:中部大学 山田 公夫 理事・学長補佐
内容:①地震の被害の大きさは地盤の良否に大きく関係しています。この講座では、地震の発生メカニズム、日本で発生した過去の地震による被害の大きさと地盤の関係、地震時の建物の揺れ方、地震から身を守るための基礎知識などについて話題提供をしたいと思います。②液状化はどのようにして起こるのか。どのような被害が起こるのか。私たちの暮らしにどのような影響を与えるのかについて話をします。

【中部】第4回出前講座

開催日: 
2020-08-19
開催都道府県: 
開催場所: 
静岡市蒲原生涯学習交流館
概要: 
題目:緊急地震速報で命をまもる
講師:愛知工業大学 工学部土木工学科 小池 則満 教授
内容:1)緊急地震速報の仕組みや中部地方の主な断層について解説
2)予想震度や地震が来るまでの時間を体験。どうやってそれを活用して身を守るのか、一緒に考えましょ

【中部】第3回出前講座《開催中止》

開催日: 
2020-06-28
開催都道府県: 
開催場所: 
静岡市北部生涯学習センター美和分館(アカデ美和)
概要: 
題目:コンクリートの世界(材料・構造・歴史・環境)
講師:中部大学 工学部都市建設工学科 平澤 征夫 名誉教授
内容:セメント・コンクリートおよび鉄筋コンクリートに関する話、また、鉄筋コンクリート構造物の地震などによる破壊に関する話をします。また、コンクリートの歴史とコンクリート工学に貢献した人々の話をします。
・セメントのひみつ:セメントモルタルで好きな形を作ろう(小学生)

【中部】第2回出前講座

開催日: 
2020-06-20
開催都道府県: 
開催場所: 
名古屋市、株式会社光建大会議室
概要: 
題目:気候の歴史をさぐる
講師:名古屋工業大学 大学院工学研究科 庄 建治朗 助教
内容:豪雨の頻発、大型化する台風、氷河の急速な後退など、昨今取り沙汰されている気候変化はどのくらい「異常」なのか。それは長い気候史の中でどのように位置づけられるのか。人類が過去に経験した気候変動の歴史を、古気候を探る様々な分析手法を紹介しつつ概観する。

【中部】第1回出前講座《開催中止》

開催日: 
2020-05-18
開催都道府県: 
開催場所: 
大府市、愛知県立大府高等学校
概要: 
題目:緊急地震速報で命をまもる
講師:愛知工業大学 工学部土木工学科 小池 則満 教授
内容:1)緊急地震速報の仕組みや中部地方の主な断層について解説
2)予想震度や地震が来るまでの時間を体験。どうやってそれを活用して身を守るのか、一緒に考えましょう

【四国】開催中止:徳島地区行事 令和2年度技術士受験支援講習会(第1回出願セミナー:一般部門)

開催日: 
2020-04-15
開催都道府県: 
開催場所: 
徳島市、(開催中止)
概要: 
令和2年4月15日(水)に予定しておりました「技術士受験支援講習会(出発セミナー)」は,新型コロナウィルスへの対応を検討した結果,中止することといたしました。大変申し訳ございませんが,ご参加を予定されていた皆様におかれましては,ご理解くださいますようお願い申し上げます。。
1.日時 :令和2年4月15日(水)講習時間 18:00~21:00
2.会場 :あわぎんホール(旧郷土文化会館)5F 会議室6
3.名称 :令和2年度 技術士受験支援講習会(出発セミナー)一般部門 
※上記の講習会は 中止といたします。

【延期】連続レクチャーシリーズ[第Ⅰ期] 土木遺産修復技術の最前線「コンクリート構造物修復保存の実際」●第3回レクチャー●

開催日: 
2020-03-19
開催都道府県: 
開催場所: 
土木学会 講堂(東京都新宿区)
概要: 
2/24に政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議より示された見解等も踏まえ、 土木学会では、3月19日の講演会を見合わせ、延期して開催する判断といたしました。
既に申し込みをいただきました方には別途直接メールにてご案内いたします。 延期日程等、詳細が決定しましたら土木学会のホームページにてご案内申し上げます。 何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。
-------
土木学会土木史研究委員会 土木遺産修復技術小委員会では、土木遺産修復技術の最前線「コンクリート構造物修復保存の実際」と題し、連続レクチャーを開催いたします。

ページ

RSS - 講習会・セミナー を購読