展示会

明石市立天文科学館「マンホール(地上の星)展」

開催日: 
2020-02-012020-04-05
開催都道府県: 
開催場所: 
明石市立天文科学館 3階特別展示室(兵庫県明石市)
概要: 
下水道のマンホールのふたのデザインは、地域ごとに違っており、その地域の特色を生かしたデザインになっています。明石市のマンホールには、明石市立天文科学館と、日本標準時子午線を表す南北線が引かれており、私たちの生活に欠かすことのできない時刻と、星とのつながりを感じることができます。全国には、その他にも、星や宇宙がデザインされたマンホールが多くあります。
今回の特別展では、地上(マンホールのふた)にデザインされた星を展示します。

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 特別展「渋谷の東京オリンピックと丹下健三」

開催日: 
2020-01-252020-03-22
開催都道府県: 
開催場所: 
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(東京都渋谷区)
概要: 
1964年に開催された東京オリンピックは、日本の戦後復興と平和を世界に示す象徴的なイベントでした。渋谷はその中心的な舞台として、選手村や国立代々木競技場、渋谷公会堂などが建設されました。それから半世紀程が経ち、今年7月からはオリンピック・パラリンピックが再び開催されます。今回の特別展では、前回大会を振り返るとともに、2020年の大会でも会場として使用される国 立代々木競技場にスポットをあてた展示となっております。現在世界文化遺産登録の動きもある世界的な建築の秀作の設計者である丹下健三の建築思想、競技場建設に関わるエピソード、大会後はイベント会場としても利用されるなど、今日までに至る競技場のあゆみを、多くの初公開資料を通じてご紹介します。

福島県「東日本大震災からの復興まちづくりパネル展 ~いわて・みやぎ・ふくしま~」

開催日: 
2020-02-032020-02-18
開催都道府県: 
開催場所: 
岩手県庁1階県民室(岩手県盛岡市)
概要: 
岩手県、宮城県、福島県の3県が連携し、岩手県盛岡市の岩手県庁1階県民室にて、「東日本大震災からの復興まちづくりパネル展 ~いわて・みやぎ・ふくしま~」を2/3(月)~2/18(火)まで開催します。

巡回パネル展「震災から25年 振り返る 1995.1.17 阪神・淡路大震災 」

開催日: 
2020-01-102020-02-11
開催都道府県: 
開催場所: 
せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室(宮城県仙台市)
概要: 
1995年1月17日、午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災。
2020年1月17日で、あの日から25年を迎えます。
阪神・淡路大震災の伝承施設として兵庫県神戸市中央区に設置された「人と防災未来センター」による、巡回パネル展です。写真、データ、映像等で、震災を振り返ります。

「九州鉄道開業130周年記念企画展」

開催日: 
2019-12-102020-02-02
開催都道府県: 
開催場所: 
九州鉄道記念館 2階企画展示場(福岡県北九州市)
概要: 
1889年(明治22年)12月11日、九州鉄道1番列車が博多~千歳川仮停車場間を走り、九州の地に鉄道が誕生しました。昨年は130周年という節目の年で、これを記念し企画展を開催しています。
開業から現在までの歴史を貴重な資料や写真で紹介いたします。是非ご観覧下さい。

阪神・淡路大震災25年 あのときとこれから

開催日: 
2019-10-112020-02-04
開催都道府県: 
開催場所: 
神戸大学附属図書館 社会科学系図書館【本館2階 展示ホール】
概要: 
 神戸大学附属図書館では、収集した貴重な資料を地域のみなさまにもご覧いただきたいと考え、毎年様々なテーマのもとに、附属図書館が所蔵する各種資料の展示会を開催しています。平成16(2004)年度から資料展示活動をはじめ、本年で16年目となりました。
 神戸大学附属図書館は、阪神・淡路大震災の被災地の中にある図書館の責務として、関連資料を収集した「震災文庫」を平成7年10月30日より公開しています。本年度は、震災から 25 年の節目を迎えるにあたり、「あのときとこれから」をテーマに、その所蔵資料を通じて、当時の被害状況や震災の経験と教訓をご紹介します。震災の風化を防ぎ、次の大災害への備えや対策を考える機会となれば幸いです。

小平市ふれあい下水道館 「秋に咲く花」デザインマンホール蓋写真展

開催日: 
2019-12-032020-01-26
開催都道府県: 
開催場所: 
小平市ふれあい下水道館(東京都小平市)
概要: 
秋に咲く花が描かれたマンホール蓋の写真を展示します。
また、石井英俊さん(日本のマンホール文化研究会)によるお話会を開催します。

しのざき文化プラザ企画展示「命を守る、家族を守る、広域避難『江戸川区水害ハザードマップ』」

開催日: 
2019-11-092020-02-09
開催都道府県: 
開催場所: 
しのざき文化プラザ3階企画展示ギャラリー(東京都江戸川区)
概要: 
 江戸川区は、陸域の約7割が「ゼロメートル地帯」です。これまでに幾度となく洪水や高潮の被害にみまわれてきました。
 江戸川区・篠崎SAパブリックサービスは企画展示「命を守る、家族を守る、広域避難『江戸川区水害ハザードマップ』」を開催中です。

地質標本館 特別展「めくってみよう!大地の図鑑―山口―」

開催日: 
2020-01-072020-03-08
開催都道府県: 
開催場所: 
地質標本館 1階ホール(茨城県つくば市)
概要: 
 とてもバリエーションに富む日本の地質。とりわけ様々な地層や岩石があつまった山口県やその周辺の地域を特集します。
 マグマのかたまりがつくった岩々、サンゴ礁や海の底でたまった地層など、その時代は古生代から現代につづく第四紀にまでわたります。そんな大地の図鑑をめくってみませんか?

横浜みなと博物館企画展「港・ヨコハマの1980年代 横浜港のシンボルがで きるまで」

開催日: 
2019-11-022020-01-13
開催都道府県: 
開催場所: 
横浜みなと博物館 特別展示室(神奈川県横浜市)
概要: 
 1981(昭和56)年に公表された「みなとみらい21」計画で、旧横浜船渠第1号ドックや赤レンガ倉庫の周辺は公園として再開発されることが決まり、1985(昭和60)年からは同ドックで帆船日本丸の一般公開が始まりました。
 また、横浜ベイブリッジは1980(昭和55)年に建設工事が始まり、1989(平成元年)に開通しました。
市民が港を身近に感じることができるこれらの場所が、どのように作られていったのか、当時の様子を写真や模型で紹介します。

ページ

RSS - 展示会 を購読